googleのSEO対策でやるべきこととは

Googleは、SEO対策に関していくつかのガイドラインとベストプラクティスを提唱しています。これらを遵守することで、自社のホームページの検索エンジン順位を向上させることができます。
逆にガイドラインを知らずにホームページを作成しても検索エンジンに登録されず、アクセスもなく、集客効果を得ることができません。

必ず、googleが出しているSEO対策のスターターガイドを読みましょう。

検索エンジン最適化(SEO)スターター ガイド

https://developers.google.com/search/docs/fundamentals/seo-starter-guide?hl=ja

以下に、Googleが提唱しているSEO対策のやるべきことについて分かりやすく説明します。

SEO対策の基本はインデックスされているか

自社のホームページが Googleのインデックスに登録されているかどうかを調べてみましょう。

「site:」検索を使用して調べたいホームページのURLを検索します。検索結果が表示されたら、インデックスに登録されていることがわかります。

もし、インデックスされていないのであれば、サーチコンソールなどを使って、対象ページをインデックスさせましょう。

SEO対策で上位表示させるためのポイント

高品質なコンテンツを提供する

Googleは、ユーザーエクスペリエンスを重要視しています。そのため、自社ホームページには競合他社より高品質で有益なコンテンツを提供することが必要です。コンテンツはユーザーの問題を解決し、情報を提供し、関連性が高い必要があります。

キーワードを自然に組み込む

キーワードは重要ですが、無理にキーワードを詰め込むことは避けましょう。キーワードは自然にコンテンツに組み込まれ、読み手にとって違和感のないものであるべきです。
不自然なキーワードの組み込みは、googleのSEO対策のペナルティーになります。ブラックハットSEOといい、ペナルティーを受けると、順位を落とすだけでなく、googleに表示されなくなることもあります。

必ず、正しいSEO対策をやるべきでしょう。

モバイルフレンドリーなデザイン

現在ではモバイルデバイス(スマホ)からのウェブトラフィックが増えているため、モバイルフレンドリーなデザインを採用しましょう。ページの読み込み速度も最適化し、モバイルユーザーにも快適な体験を提供します。

適切なメタ情報を設定する

メタ情報とは、ホームページのタイトルやページのタイトル、ページの説明文(ディスクリプション)のことです。

ページのタイトル、メタディスクリプション、見出しタグなどのメタ情報は、検索エンジンにページの内容を理解させるために重要です。正確で魅力的なメタ情報を設定しましょう。

リンクの質を向上させる

外部からのリンク(バックリンク)はホームページの信頼性に影響を与えます。高品質で関連性のあるサイトからのバックリンクを獲得することを目指しましょう。

ページ速度の最適化

ホームページの読み込み速度は重要です。速いページ速度はユーザーエクスペリエンスを向上させ、SEOにもプラスの影響を与えます。画像の最適化やキャッシュの活用などを考えましょう。

セキュリティを強化する

ホームページのセキュリティ対策は重絶対にやるべきです。HTTPSを使用し、セキュリティ証明書をインストールして、ユーザーのプライバシーとデータの保護を確保しましょう。

ユーザーエクスペリエンスを向上させる

ホームページのナビゲーションやレイアウトを改善し、ユーザーがサイト内で簡単に情報を見つけられるようにしましょう。見やすさ、使い勝手の良いホームページ制作をやりましょう。

これらはGoogleが提唱しているSEO対策の基本です。Googleのガイドラインに従いつつ、ユーザーに価値のあるコンテンツを提供し、良質なウェブ体験を提供することが、検索エンジン順位を向上させる鍵です。

SEO対策の各項目には具体的な施策があります。以下に、それぞれの項目に対する具体的な施策を説明します。

Googleのseo対策での具体的な施策とは

専門的で分かりやすい高品質なコンテンツを提供する

ユーザーのニーズに合った情報を提供し、問題解決に寄与するコンテンツを作成します。
コンテンツは正確で信頼性が高く、専門知識や独自の視点を示すことが大切です。
長い記事よりも、価値のある情報を簡潔かつ分かりやすく伝えましょう。

文章に集客キーワードを自然に組み込む

キーワードリサーチを行い、関連性の高いキーワード(集客キーワード)を特定します。
そして、対象のキーワードをコンテンツのタイトル、見出し、本文内で自然に組み込みます。
同じキーワードを無理に繰り返すのではなく、関連するキーワードやシノニム(同義語、類義語、言い換え)も考慮します。

関連キーワードを調べる方法はコチラを参考ください

スマホからの検索を意識したモバイルフレンドリーなデザイン

ひと昔前のホームページは、PC用、モバイル用と2つのホームページ制作をしていました。
現在では、レスポンシブデザインを採用し、異なるデバイスからのアクセスに適応するホームページを構築します。
画像やメディアの最適化を行い、モバイルデバイスでも迅速に読み込まれるようにします。

キーワードを組み込んだメタ情報を設定する

各ページに適切なタイトルタグとメタディスクリプションを設定します。
タイトルタグはページの主題を要約し、メタディスクリプションはユーザーに詳細を提供します。

現在のメタディスクリプションはgoogleがコンテンツを解読して、自動で作成する場合もありますが、SEO対策を意識するなら、自分で作成して設定する方が良いでしょう。

内部リンク、外部リンクの質を向上させる

高品質なホームページや業界関連のホームページからのバックリンク(被リンク)を獲得することを目指します。
関連性の高いものからのSEO対策のプラスになりますが、関係性の低いリンクは、評価を下げる可能性があります。

バックリンクの質を優先し、リンクファーム(低品質なリンクを提供するサイト)からのリンクを避けましょう。

有料の被リンクなどがありますが、googleのSEO対策ではあまりおすすめしていないので、使わない方が良いでしょう。

ページの表示速度を上げるための対策をする

せっかくgoogleのSEOで上位表示してもページの表示スピードが遅いと、離脱されてしまう可能性が高くなります。そのため、googleでもページの表示スピードはSEO対策の重要な施策になっています。

ページの表示スピードを確認できるツール PageSpeed Insights

https://pagespeed.web.dev/

ページの表示スピードを上げるためには画像を圧縮し、ブラウザキャッシュを有効にするなどして、ページ読み込み速度を最適化します。
レンダリングブロッキングを最小限に抑え、ページが迅速に表示されるようにします。

WordPressでは、キャッシュの高速化のプラグインなどがありますので、それらも活用しましょう。

SSLでセキュリティを強化する

HTTPSを導入し、SSL証明書を取得してセキュリティを確保します。
ウェブサイトの脆弱性を定期的に監視し、セキュリティの脅威から保護します。

特にセキュリティ対策がなされていないホームページは、ページを表示する際に警告が出される、SNSアプリでは表示されない場合もあります。

これからのホームページ制作ではHTTPSの導入を必須にしましょう。

ユーザーエクスペリエンスを向上させる

インタラクティブなナビゲーションとユーザーフレンドリーなレイアウトを提供します。
ページの読み込み速度やパフォーマンスを最適化し、ユーザーにスムーズな体験を提供します。

googleのガイドラインを理解してSEO対策をやること

これらの施策を組み合わせて実施することで、ホームページのSEOを向上させ、googleでのランクを向上させることができます。SEO対策は持続的な取り組みが必要ですので、定期的なモニタリングと調整を行いましょう。

もし、自分では出来ない、システムの理解が難しい場合はプロに任せましょう。出来るだけ早く改善し運用していくことでSEO対策は上位表示に繋がります。悩んでいたら、まずはご相談ください。

無料オンライン相談をご活用ください

当社では、ホームページ制作の無料相談も行っていますので、お気軽にご相談ください。

相談時間40分Zoomでの対応(延長不可⇒延長希望の場合はスポットコンサル)
那覇市、浦添市内は訪問相談可
日程調整の上、対応

先着5名様限定となります。

ホームページ集客コンサルティングに関するお問合せは新垣まで
ホームページ制作・ITサポートのご相談やお問合せはお申込みフォームもしくは、お電話ください。「090-3410-4605」(9:00-17:00 定休:土日・祝日)にお電話ください。(スマートフォンでアクセスの方は番号をクリックするだけで電話できます)

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事